投稿一覧

第1回研究会、ズンドコレポート!

媛らん会の非会員ながら広報的な@まつやまです。
こんばんわ~ヽ(´ー`)ノ

らんちゅうド素人ですが、厚かましくも またまたこちらにおじゃまして
ブログを書かせていただきます。

2014年7月13日、媛らん会の2014年度
第1回目の研究会がありました。

金魚愛好会の研究会とは、@まつやまの拙い理解では
今年生まれの当歳魚を会員が持ち寄り、
互いの「進捗状況」を確認し、秋の本番=品評会へ向けて
傾向と対策を考える・・・

春の二歳会が「オープニングマッチ」だとすれば、
研究会は「本格的な戦いの始まり!」って趣でしょうか。

昨秋の媛らん会品評会の分譲魚から金魚飼育を始め、
数ヶ月で数千尾を人工繁殖させた大型新人(笑)Tさんや、
最年少の水助さん(ブログは「水助超初心者ながららんちゅうを飼ってみるぅ~ブログ」)といった新入会員さんも含め、全会員が参加!

これまで媛らん会の研究会や品評会を見学させてもらってますが、
人数が増えたので、とても賑やかになってきました。

増えたのは初心者ばかりですが、媛らん会は会長さんをはじめ、
ベテランメンバーさんの懐が深いので
雰囲気はアットホームなままヽ(´ー`)ノ

そんな会の雰囲気に甘えさせていただき、
私も恥ずかしながら、らんちゅうを持って行ってみました!

というのも、ワタクシのブログ「金魚ビギナーですが、何か?」
以前書きました通り
(参照:らんちゅうHello( ノ゚Д゚)! Goodbye(・ω・)ノ!)、
6月中旬に媛らん会の会長さんから、

けっこうならんちゅうをいただいちゃいましてヽ(´ー`)ノ
媛らん会本流のらんちゅうをいただいた以上は、
3週間ちょっとの飼育期間とはいえ、
皆さんにご笑覧いただくのが筋だろうということで、
魚のデキはさておき(オイオイw)、
生まれて初めて自分の金魚を「出品」することにしたのです。

しかしながら!ちょっと問題が!( ; ゚Д゚)

自宅から金魚を連れ出すことは、
初心者にとってはなかなか大変なことです。
会の中では若手とはいえ、
すでに品評会馴れしている「事務局長」ことアズー氏
穂竜愛好会の品評会にもバンバン出品してる蘭土竜さんは、
ご自宅に酸素ボンベもあるでしょうし、 パッキングも手慣れたもの。

ですが普段、家から金魚を持ち出すことなど考えたことがない
@まつやま、 (酸素ボンベが自宅にあるような本格的愛好家になる覚悟はないし) 悩みに悩んだ結果、
こんなのを前日に買ってみました!
釣り用の魚運搬バッグです!

 

 

携帯用エアポンプも購入(こちらの方が高い!)し、
これで酸欠の心配をせず金魚とお出かけができる!
(地元の釣具屋さんで合計6700円ほどでした)
(自宅から研究会会場までは車で5分なので、ホントはここまで必要ないしw)

ただ、研究会の会場にいざ運び込む段になって、
水を目一杯入れてたせいでメチャクチャ重くて参りました(ToT)

20キロぐらいあったのかな? これをもって階段を上ると、
腰がギシギシと音を立ててるかのようでした。
腰痛持ちのデブが、半泣きで階段を上りきり、
会長さん宅の飼育場に着くと、すでに研究会は始まってました。 

 

 

会長からは「夜遊びしすぎで寝坊した?」と声を掛けられ、
他の会員さんからは「何? そのバッグ?w」と笑われ、
場違い感満載で登場してしまったのは良いのですが・・・

アズーさんに「はい、これ」とメモ&ボールペンを渡され、
@まつやま、数秒間フリーズしました。

あぁ、そうだ! 研究会って、自分の金魚が評価されるだけじゃなく、
自分もひと様の金魚を評価しなくちゃいけないんだ!(;・∀・)
金魚の研究会って、具体的に何をするか?
会によって違うようですが、媛らん会の場合、
会員相互による評価がメーン。

 

まず魚には1尾ずつに番号が振られます。
洗面器には1~4尾ずつ入ってて、こんな感じでナンバリングされます。

 

 

会員はメモ用紙を片手に自分が良いと思う魚、
上位10位(または5位)を選び、
みんなの前で発表します。 特に集計とかしません。
他の会員の審美眼と自分の見る目を比較する機会、
ということでしょう。

最後に会長(研究会には出品せず)の考える順位が発表されます。
この時、1尾ずつ講評してもらえますヽ(´ー`)ノ

いわばこれが答え合わせ、ですね。

そういうことをすっかり忘れてた@まつやま。
自分の飼育技術が未熟なのは知ってますから、
いただいたらんちゅうが良くなってない、
いやむしろ悪くなってたとしても、
それを酷評されたりすることは覚悟してきました。
しかし、私もひとさまの金魚に順位を付けねばならんというのは・・・

これ、かなり困ります。 相当緊張します。

少々悩んだのですが、
どうせ私の審美眼なんて誰も期待してないですし(笑)
こういう場合、今の完成度で順位をつけるものなのか、
それとも将来性を予測して順位をつけるのものか、
その辺も分からなかった(質問する時間もなかった)ので、
自分の好みを基準に考えることにしました。

@まつやまが一番良い!と思ったのは、 この洗面器の虎柄の仔。
派手ですし、太みもあるかな、と。 

 

この虎柄ちゃん、会員さんの投票でもベスト3位以内に推す人が
3人もいましたし、会長の評価も2位! お!やるじゃん、@まつやま! 飼育技術はダメでも審美眼はあるじゃん!

・・・と思ったのも束の間(ToT)
@まつやまが2位にした面白の仔(写真右)。
迫力あるなーと思いまして。 

 

会長の評価は参加魚の真ん中あたりの9番目。
会員さんでベスト5以内としたのは3人。
・・・あれ~、全然違う。

 

@まつやまが5位とした同じ洗面器の更紗(写真中央)。
この仔は会員さん人気も高く、トップに推す人が3人。
会長さんも1位に選んでました。
間違いなくこの日のトップ魚ですね~ヽ(´ー`)ノ

 

続いて@まつやまが3位にしたのは写真右下の白勝ち。
頭も立派だし尾筒も太いし・・・
同じく4位は中央上の素赤の仔。 IMGP6025.jpg

 

2尾とも会長の評価は残念ながら真ん中より下。
白勝ちちゃんは尾の開きが・・・ってことのようです。
会員さんでベスト5位以内に挙げてたのは、
いずれも初心者組の2人。
う~ん、すでにこの辺で「らんちゅうを見てきた数」で
違いが出ましたかね( ; ゚Д゚)

素赤君は会員さんの評価では3強以内に推した方が5人も居て、
会長と判断が割れました(´゚ω゚`ノ)ノ
また写真左下の素赤の仔は会長が5位としてましたが、
会員さんで5位以内でランク付けしたのは、お2人だけ。
この辺、興味深いデスね~

 

写真上の虎柄は会長ジャッジで3位!
会員さんの人気も安定してて多くの人が5~8位にランクさせてました。

 

左側の仔が会長ランク4位。
この仔も会員さんは上位に挙げる人が多かったデス。 IMGP6072.jpg

 

 

この仔たちはサイズがちょっと小さくて、
順位的には残念でしたが、 会長は「良い形の仔もいるよ」とのこと。 IMGP6049.jpg

 

 

この仔は会員人気は高く、チョイスする人が多かったです。
会長評価はちょうど真ん中ぐらい。
フンタンもモッコリだし、上品な印象でした~ IMGP6068.jpg

 

 

さて、肝心の@まつやまのらんちゅうですが。
3尾の中で「まだしも・・・」と思ってた仔が会長評価で6位にヽ(´ー`)ノ IMGP6012.jpg

 

 

とはいえ、会員さんからの評価は5位や3位だったり、
圏外だったりバラバラ(笑)
太みも足りないし、自分でもまだまだだと思ってます。

会長さんからのご評価は「今後に期待」という側面が
多分にあるのだろうと。
でも、励みになりましたヽ(´ー`)ノ

解決方法はまだ見えてないですが、課題もはっきり分りましたし。

それに。
短い期間であっても、自分が餌をやって水換えをして、
手を掛けた仔が評価を受けるというのは、
素直に嬉しいですね!ヾ(o ・∀・)ノ

 

研究会の後は、車座になって情報交換&金魚雑談タイムもあり、
すごくためになる話も聞くことができたし、 何より楽しかったデス。

評価の場の緊張と、仲間との場という緩和が心地良かったです。

 

以下、ひとりごとですが・・・
金魚は@まつやまにとって「家族」であることは 今も変わりません。
そばに居て、楽しませてくれる存在・・・
それで完結していましたし、
ひとから「家族」を評価されるということに抵抗感を持ってたのも事実。

ですが、せっかく飼っている金魚をより良くしたい、
せっかく繁殖するなら良い金魚をつくってみたい・・・
そのために自分の知識と意識をアップさせる機会として、
「競う場に出てみる」というのは、すごく刺激的でしたし、
得るものがいっぱいあったデスヽ(´ー`)ノ

今後、秋の品評会へ向けて@まつやまがどうするのか、
まだ未定なところもありますが、 せっかくのチャンスですから、
もうちょっと頑張ってみようかと思いました( ̄ー ̄)b

 

さてさてマヂメな話はさておき、 大型新人(笑)Tさんが
事前には「ウチの仔は全然小さいよ(ToT)」と言いながら、
ちゃんと太く育てた仔を持ってきて、@まつやまを打ちのめしたり、
水助さん(この日、魚は不参加)が既に当歳を10センチ近くまで
育てているという、 驚愕の情報があったり、
いろいろあった研究会でしたが、 やはり最も印象的なのは、
研究会には出品されなかった会長の魚。

研究会場は会長の飼育場だったので、
出品魚や自分のらんちゅうを見てても、
どうしてもチラチラと池を泳ぐらんちゅうが視界に入るわけです(笑)

 

この大きさ、立派さ、完成度の高さはいったい何なんでしょうねヽ(`Д´)ノ 我が家の当歳らんちゅうの兄弟たちも池にいたのですが・・・
もう別の魚種じゃないかって思えるぐらい、全然違う!
(当たり前ではあるのですが・・・) IMGP6019.jpg

 

媛らん会の会員さんたちは、
「会長の魚は見たらいかん!自信なくすだけやけん!」
「見るのは研究会が終わってからにしよう!」
と囁き合い、
自分たちの精神の均衡を守るのに必死でしたw

仮に@まつやまが秋の品評会に出品するとなると、
会長の魚と同じステージで戦うことになるわけで・・・(笑)
私なんかが、らんちゅうの愛好会で遊ばせてもらってることが、
いかに無謀で不遜なことかを再認識させられるのですが・・・

でも、道のりの遠さが少し理解できるようになっただけでも、
自分もちょっとは成長してるのかな、と思ったりしたのでした~。
それにしても先は遠すぎますけどね~(ToT)

 

以上、第1回研究会レポートでした!

選別勉強会

ちょっと前になりますが、
5月6日(振替休日)に選別勉強会がありました。

媛らん会のオフィシャル行事ではなく、
若手メンバー有志が会長宅で選別を学ぶという企画で、
いわば「自主練」です。

その時の模様を参加者が各自のブログで報告していますので
ご紹介します。

●らんちゅう愛媛だより(媛らん会会長ブログ)
スゴイ!

●蘭土竜のブログ(媛らん会会員ブログ)
(∩∇`)蘭土竜のベランダ物語♪金魚三昧な1日♪

●アズーのらんちゅうとベランダ金魚
選別勉強会

●金魚ビギナーですが、何か?
選別勉強会!ズンドコらんちゅう飼育記(中)

 

平成26年 春季品評会

楽しい品評会を開催できました。
品評会前日から冷たい雨と強風に、どうなることかと心配でした。

会当日の午前中、準備段階でも冬の寒さでしたが、
和気藹々と洗面器を並べて準備をし、
それぞれのランチュウ飼育にまつわる苦労話や失敗談に
花を咲かせました。

幸いなことに、午後の開催時間には晴れ間が出てくれました。

出品魚に順位を付けて、それぞれの魚に寸評を出し合って、
そんななかで鑑識眼、飼育テクニックの向上が生まれます。

これから、7月、8月、9月の今年生まれた当歳魚の
品評・研究会を行い、
10月5日(日)の秋の品評大会を迎えることとなります。
(広報注:後日、11月9日に変更)

今回も参加しご協力いただいた方々に感謝申し上げますと共に、
今後新たな同好の方々と出会えることを楽しみにいたしております。

気楽だけど大事な二歳会!レポート @まつやま

IMGP9934-001.jpg

フンタン、モッコモコ~ですが、
何か?ヽ(´ー`)ノ

昨日(2014年4月6日)は「媛らん会」初の二歳会!
行ってきました!そして楽しんできました~ヽ(´ー`)ノ

媛らん会の二歳会の結果は、昨夜のうちに公式HPにアップしました。 媛らん会 第1回春季二歳会

スゴイ仔揃いでしたよ~! なのですがっ!!
なにせ撮影したのが私なので、 写真のクオリティが…
平にご容赦くださいませ~

あ、ご挨拶が遅れました。 「媛らん会ブログ」にちょこちょこ登場する、 「金魚ビギナーですが、何か?」の「@まつやま」です。

らんちゅうを飼育していないのに、
らんちゅう愛好会のブログで文章を書いてます(゚Д゚;)
縁あって、媛らん会の皆さまと交流させていただいてまして、
昨年の研究会、品評会、そして忘年会にまで
厚かましくも参加させてもらってます(゚Д゚;)

更にはこちらのブログにもおじゃまして、
時々エントリーをアップしています。
「非公認広報担当」って感じでしょうか。
ま、媛らん会のふなっしーみたいなもの、とお考えくださいw
じゃ、レポート書くなっし~! ひゃっは~!

 

午前10時、会場の東温市「クールス・モール」に到着。
クールス・モールは愛媛県内唯一の常設劇場があったり、
スーパーマーケットがあったり、 産直市場があったりと、
家族で楽しめるショッピングモールです。
昨秋の品評会に続き、二歳会はクールス・モール内の レンタル自転車「Strada」さんの前の広い場所をお借りしています。

オープンスペースですが屋根もあるし、 水も電気もあるという、
金魚品評会にはうってつけの場所ですヽ(´ー`)ノ

いざ!設営だ! IMGP3698.jpg

 

 

松山市沖の興居島にお住まいの会員さん
(以前、お宅をお邪魔をした時のレポートはこちら)が、
小型トラックでミカンを入れるラックを運んできてくれているので、
みんなで協力して降ろします。 IMGP3700.jpg

 

 

机を設置したり、椅子を用意したり、 ラックを並べたり…
秋の品評会よりも出展魚も少ないし、
皆さん2回めの設営なので慣れてきてて、
あっという間に終わりました(゚Д゚;) IMGP3703.jpg

 

 

今回は部門ごとの看板が用意されていました!
これ、媛らん会会員の蘭土竜さんお手製なんです∑(`・д・´ノ)ノ
(蘭土竜さんのブログは「蘭土竜のブログ」)

 

部門別の看板は昨秋、ラミネート加工した紙だったのですが、
かなりグレードアップしましたね~ヽ(´ー`)ノ
できて間もない愛好会が、こうやって少しずつハード面でも
「進んでいく」のを 間近で見られるのは楽しいです。

ちなみに看板の文字は、@まつやまがパソコンでプリントアウトしたもの。
蘭土竜さんがそれを板に転写したのですが、
作った本人は出来栄えに不満そうで「彫って仕上げようかなぁ~」と
ブツブツ言ってました(笑)
次は会の看板デスね(  ̄ー ̄)

続いて洗面器に水を入れていきます。
会場からお借りしたホースを伸ばして~~

IMGP3705.jpg

 

 

会員さんの息子さん&娘さんが担当して、
すべての器に水を満たしていきます。 ・・・
ここまでは微笑ましい光景ですが(゚Д゚;)

IMGP3707.jpg

 

 

これ、かなり時間がかかる作業なんですね(゚Д゚;)
息子さん、ちょっとお疲れモードにwww
ご苦労様でしたm(__)m

IMGP3709.jpg

 

 

二歳会開会までまだ時間があるので、
その間、若手は事務作業&細かい準備。
品評会では@まつやまもお手伝いしたのですが、
今回はほぼナニもせずでした。
「事務局長」ことアズー氏が事務作業にかなり馴れ、
テキパキこなしてましたヽ(´ー`)ノ
(アズー氏のブログは「アズーのらんちゅうとベランダ金魚」)

IMGP9870.jpg

 

 

 

受け付けもこのタイミングでやっちゃいます。
媛らん会、ちゃんとハンコも用意されてるんですね∑(`・д・´ノ)ノ
アズー氏によると、昨秋の品評会の時から使ってたそうです。
こういう細かいところまで考えると、
金魚の品評会を開くって改めて大変デスね(゚Д゚;) IMGP9915

 

 

昼食をはさみ、いよいよ洗面器に金魚が入れられていきます。
以前にも書きましたが、媛らん会は「洗面器審査」が特徴。
ひとつの洗面器に1尾ずつ入れて、
審査員が回っていく、という方法。
飼育環境が違う金魚同士を同じ池に入れないので、
病気をもらったりする確率がグッと減るやり方ですヽ(´ー`)ノIMGP9874

 

 

 

そうそう! 金魚ブログを書いてらっしゃる、
松山市在住の「うましかさん」が見学に来られてました。
(ブログは「馬鹿(うましか)のブログ」 )
うましかさん、相当熱心にらんちゅうを見てらっしゃいましたし、
後片付けまで手伝ってくれてました。
(私より多くの「水の入った洗面器」を運んでましたw)
「このやり方(洗面器審査)はいいですね!」と大絶賛でしたヽ(´ー`)ノ

洗面器にらんちゅうが入ると、 一気に見学者が増えます。
らんちゅうを見ながら「そろそろ、そういう時期だね~」なんて
季節を感じるオバチャンも居たり。
会員以外の人たちも楽しんでるのが伝わってきて、
私まで嬉しくなってきました。 IMGP3722

 

 

今回は「分譲魚ナシ」と最初は聞いてたのですが、
やはり少しは用意しないと見学される人もつまらないだろうってことで、
急遽用意されたそうです。
そのせいか、メチャクチャ良いらんちゅうが分譲コーナーに∑(`・д・´ノ)ノ IMGP9966

 

これ、見る人が見たら「全部クレ!」って言いそうですよね(゚Д゚;)
らんちゅうのことがまったく分からない@まつやまでも
「コレはほしいヽ(`Д´)ノ」と思いましたもん! IMGP9960

 

 

なので、らんちゅうに興味がある見学者が来られると、
やはり目に止まるのでしょう。 食い入いるように見てましたヽ(´ー`)ノ IMGP3731

 

 

午後1時、審査スタート。 二歳会は開会挨拶もなく、
会長の号令らしきものもなく、
「んじゃ、ボチボチ」って感じの開会でした(笑)
品評会の時のように、県外からのゲストもいませんでしたから、
気楽さ全開ですw
審査員も会長&ベテラン会員さんら3人。IMGP9975

 

 

 

せ~の!で点数を書いた札(というか紙)を見せ合い、
点数が多い方が勝ち。
同点の場合はそこでまた順位付けをする、というやり方でした。

親魚、二歳と審査は進みます。
ただ、今回は両部門とも1位候補がわかりやすかったというか・・・(゚Д゚;)
洗面器に放たれた時点で、
どの会員さんも「・・・(゚Д゚;)」って感じだったのが、 親魚ではこの仔。 IMGP9903

 

 

二歳ではこの仔が存在感アリアリでした。
結果もやはり、この2尾がそれぞれの部門で1席でした( ´ー`) IMGP9983

 

 

こういうアップの写真を審査前に@まつやまが撮影してるだけで、
どれだけ存在感があったかお分かりいただけるのではないかと(゚Д゚;)

品評会の審査前って、「どの仔が1位かな~」なんて
洗面器を見て回るのが楽しみのひとつですが、
今回はどちらかというと、 「どの仔が1位に肉薄するかな?」って
感じでした。

ちなみに、二歳部門の優勝戦線はかなり接戦でしたヽ(´ー`)ノ
審査の結果は、こちらでご確認いただくとして、
審査結果ページでご紹介してない仔たちを中心にご紹介します。

あ、このエントリーの一番上のらんちゅうの写真、
実は順位的に芳しくなかった仔です。
十分凄まじいらんちゅうだと思うんですが…
相変わらず、らんちゅうのことは分かりません(´;ω;`)

 

もう、モッコモコです(゚Д゚;) 見せつけに寄ってきてます(笑)
フンタン恐怖症になりそうです((((;゚Д゚)))) IMGP0520.jpg

 

 

二歳です。 踊ってますw ボディが少し短いですが、
それでもこの頭∑(`・д・´ノ)ノ
きめ細かい鱗にも感心しました。

IMGP0480.jpg

 

 

 

頭、ゴッツイですねぇ(゚Д゚;)
ゴツすぎて、ボディが弱く見えちゃうのかなぁ、と。
らんちゅうのバランスって難しいですね~(゚Д゚;) IMGP0485

 

 

何怒ってるの? って感じに見える写真です(笑)
この仔もそうですが、ものすごく人間に馴れてて、
こちらに向かってくるらんちゅうが多くて驚きました∑(`・д・´ノ)ノ IMGP0466

 

 

頭が四角くてキレイ。
迫力と可愛さを両方感じました。

IMGP0419

 

 

 

均整がとれてて、@まつやまが「キレーだな」と思った仔。
頭の形も尾もピシっとしてますヽ(´ー`)ノ IMGP0455

 

 

お前に撮影さすもんか~!ヽ(`Д´)ノ
って感じで元気に泳ぎまくってた仔(笑)
もう、全部の写真がこんな感じでw
窓が印象的です。IMGP0413

 

 

 

ラストは二歳の部4位だった仔のアップ。
両方のフンタンの先に紅が乗って、
なんともキュートヽ(´ー`)ノ
会場人気ナンバーワンって感じでしたw IMGP0224

 

 

@まつやま、実は二歳会って今回初めて見学したんです。
ある種、「出来上がった」金魚たちの競演ですから、
「ウハーっ!」とか「ほぉぉぉ~!」って仔ばかりで、
見てても楽しいですが・・・

そもそも。 春の二歳会って何のためにあるんだろう、
って疑問を持ってまして。

明け二歳ってことは、去年の秋の当歳魚ですから、
品評会後、寒い時期になりますし、
餌もそれほどガンガン食わすわけではないでしょうし、
らんちゅうだと冬眠シーズンを挟む。
なので、それほど魚が変わってるとは思えないデスよね。

夏ぐらいにあるならまだしも、 春に二歳会をやったのでは、
前年の当歳レースとさほど変化がないのでは…、と(゚Д゚;)

で、@まつやま、媛らん会の会長さんに訊いてみたんです。
会長さんの話を要約すると…

確かに、春の二歳会は単に「シーズンイン」の顔見せ的な意味合いもあるし、
そう思ってる人も多いそうです。
ですが、晩秋~冬~春という水温が低い時期でも、
らんちゅうは「かなり変わる」んだそうです∑(`・д・´ノ)ノ

単純に、品評会に出た当歳魚はその後、養生期間を持たせるので、
あまり大きくならないけど、 品評会に出なかった仔は、
冬眠ギリギリまで元気に餌を食うので、
春になったら「家庭内順位」が逆転することも珍しくない、とのこと。

参考までに…
昨年11月の「媛らん会品評会」当歳2席の仔。
(2013年11月10日撮影) IMGP5268.jpg

 

同じ仔の二歳会での写真(二歳1席)。 IMGP0140-001.jpg

 

 

肉瘤とふんたんが発達してるのが見て取れます。
ボディも下の写真の方が少し太く見えます。
写真だと微妙な違いに見えますが、 実際に見えると、
もっと変化した感じがしました。

秋の餌のやり方、冬の越し方で、寒い時期でも金魚は変わる!
こういうのって、私みたいな「らんちゅう以外」の金魚飼育者・・・
特に「屋外飼育初心者」にとって、とても参考になる話だと思いました。

また会長いわく、二歳会で目標となる金魚を見定め、
秋までにどう追いつき、追い越すかという計画を自分の中でつくることも重要なのだそうで、
二歳会は確かに「本番」である秋の品評会に比べれば気楽ですが、
とても重要なイベントなんだな、と理解したのでした~(゚Д゚;)

 

さてさて。 審査&集計が終わると、少しの間のんびりタイム。
会員さんたちが集まってミーティング・・・というか雑談w IMGP0536

 

 

午後3時15分から表彰式。 商品を渡してるのも会長さんではなく、
表彰状もなく、ラフというか、
和気あいあいって感じで進行していきます。 IMGP0537

 

 

ちなみに賞品も秋の品評会に比べてカワイイ感じw
こっそり覗いて撮影したのですが、
選別網や温度計などが入ってました。

IMGP3737

 

 

「おっ!松田漁網だ!」と@まつやまが声を上げると、
ベテラン会員さんたちは「ほぉ!それ有名なの?」と逆に聞いてきたりして(笑)

媛らん会は昨年できたばかりで、 会員数も少なく、
二歳会は出展数も多くありませんでした。
でも、だからこそ、手作り感満載で、
すごく楽しい雰囲気に包まれてます。
ベテランも若手も笑顔で終了~! IMGP0545

 

 

この後、後片付けがありましたが、
@まつやまもかなり手伝ったので、写真はありませんm(__)m

みんなで一斉に作業し、あっという間に終わりました。
秋と同じ会場、同じ機材、同じメンバーですから、
ホント手品のように品評会の痕跡が消えました(笑)
昼間、クールス・モールに買い物に来たお客さんが、
夕方もう1度来たら、ビックリすると思いますよ。
人も金魚も会場もパッと消えてるからw

 

というわけで。 媛らん会にとっても、@まつやまにとっても、
初の二歳会。 金魚の愛好会は規模じゃなく、
人と、そしてもちろん金魚の質なんだなぁ、
と 実感した1日でしたヽ(´ー`)ノ

長文を読んでいただき、ありがとうございました。

 

(P.S.)
秋の品評会の時、@まつやまが腰をイワしたと ブログで書いたので、
今回はアズー氏がずいぶん気を使ってくれまして。
私が重い荷物を持たないよう動いてくれました。
その気持はありがたいのですが、
まだまだ若いものには負けないですし、
少しは水の入った洗面器も運べるんだぜ~!

 

・・・で、今朝から腰が少し痛いというwww

秋の品評会日程が正式決定(10月5日)

媛らん会のHPを更新しました。
当初11月に開催予定としてご案内していた、
媛らん会の第2回品評会の日程が、
2014年10月5日(日)に 正式決定しました。

10月開催となりますので、ご注意ください!
詳しくは2014年活動予定のページをご覧ください。

見学大歓迎ですので、ぜひご来場ください!

※(広報注)後日、再度日程変更で11月9日に。

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
2014年が皆様方にとって、
素晴らしい年になりますようにお祈り申し上げます。

松山は好天に恵まれ、清々しく新年を迎えることができました。

池の魚たちは、青水のなかで動きを止めていますが、
早い方々は、魚を起こす準備にかかるのでしょうか。

「媛らん会」は2年目に入りますが、
今年も純粋に「らんちゅう」を楽しむ会でありたいと思います。

皆さんが、それぞれに思い描く「らんちゅう」に
近づける魚創りができることを願っています。

今年もよろしくお願いいたします。

親睦と打ち合わせ

12月21日(土)は「媛らん会」の今年最後の食事会になりました。

美味しい料理に舌鼓を打ちながら、
それぞれの今年一年の成果と課題が話題になりました。

そして、第1回となった「媛らん会 品評会」の成果と課題も。

品評会は初回で手さぐりの開催であったが、
皆さんの協力をいただいて総体的には上手く運営ができた。

来年に向けての予定や行事内容を打ち合わせも進みました。

あっという間の数時間でしたが、
和気藹々と充実した一日でした!

媛らん会の忘年会楽しかった!@まつやま

こんにちは!
以前にもこの「媛らん会ブログ」に執筆させていただいた
「金魚ビギナーですが、何か?」の「@まつやま」です。

愛媛に今年(2013年)、突如として登場した らんちゅう愛好会
「媛らん会」。

ワタクシ、らんちゅうは1尾も飼ってないですが、
素晴らしいらんちゅうがいっぱい見られること、
そして会の雰囲気がスゴク居心地が良くて、
会員でないにも関わらず、 けっこうなペースで会の行事等に
お邪魔してます。

その縁で11月に開かれた第1回の品評会の運営を
微力ながらお手伝いさせてもらいまして、
昨日(2013年12月21日)は忘年会にも
参加させていただきましたヽ(´ー`)ノ

少人数の会とはいえ忘年会には全員が集合!

「マヂメに遊ぶ」媛らん会らしいですよね~ヽ(´ー`)ノ

あ、そうそう… 午後7時半に宴会スタートだったのですが、
出張先の岡山から駆けつけた蘭土竜氏はまだしも、
事務局アズー氏まで道に迷って(距離感を間違えて?)
若干遅刻ヽ(`Д´)ノ
会長たち年長者さんを若手2人が待たせるとはwww
(皆さん鷹揚なので全然気にされてませんでしたが)

会長! 次、こんなことがあったら、 罰ゲームとして
「分譲魚用に100尾をフルサイズに育成、秋まで維持」の刑か、
「二歳会の会場で見学者をダミ声で呼び込む」の刑にしましょうwww

 

さて全員揃ってカンパーイ( ^_^)/□☆□\(^-^ )

会場はロブスターがウリのお店で、
次々と美味なエビ料理が運ばれてきました。
序盤はらんちゅうの話もしつつ、 料理に舌鼓タイムヽ(´ー`)ノ
@まつやまが一番美味しいと思ったのは ソフトシェルクラブ!
味付けがスパイシー! IMG_0418.jpg

 

ロブスター&ステーキ!
ロブスターはボリュームはあるけど大味じゃなく、
ガーリック風味の効いたバターソースと相性抜群。 IMG_0420.jpg

 

 

もちろん、ご飯を食べてるだけでなく、
ディープならんちゅうの話もいろいろと・・・
会にもっていっても「この方法」だと魚のダメージが
最小限で 抑えられる・・・なんて話には皆さん興味深々。

ベテランMさんは会長にいろいろと質問しつつ、
場を盛り上げてくれます。

でも、ふとした会話の合間に
「若いころは魚はいっぱい死なせたけど、いつの間にかあまり死なさないようになるんよね」

Mさんの言葉に一同ちょっとしんみり。
死なせたくなかったけど死なせてしまった金魚のことが
それぞれの頭に浮かんだのでしょう。

会長も「やること(飼育方法)は変わってないのに不思議と死なさなくなりますよね」。
私や若手2人は「まだオレらは死なせてる最中だもんな(´;ω;`)」

IMGP7745.jpg

 

 

真面目な話もバカ話も織り交ぜつつ、
やはり飼育方法とか会長の選別方法などの話題になると、
皆さん真剣に聞き入っていました。

幼魚期、ブラインシュリンプと同時に○○をやると、
水持ちもいいなんて話を聴くと、 私も試したくなったりw

 

楽しくて身になる時間はあっという間にすぎ、
締めのパスタを平らげた後に、 来年の活動方針と日程決め。 IMGP7744.jpg

 

 

春の二歳会、夏~初秋の研究会、
そして秋の第2回品評会の日程が決まり、
(日程は後日、HP等に掲載します!)
@まつやまも継続してお手伝いすることが決まったようですwww

「来年もよろしくお願いします!」
一次会は以上で無事終了。

 

二次会は@まつやま行きつけのスナックにて、
若手2人と会長とで、ゆったり話をしました。

会長がらんちゅうと出会う前の話とか、
らんちゅうを飼うきっかけ、 らんちゅうにハマった瞬間の話・・・
とても興味深かったです。

 

そして最後の締めにはカレーうどんw
@まつやまが通いつめているお店に行き、
腹いっぱいになりました。
ご飯をオカワリした蘭土竜氏の健啖家ぶりには
舌を巻きました(;^ω^)

 

旨いものを食べながら、金魚の話が聞ける…
趣味を同じくする人と時間が共有できるってのは、
ホントに「至福」ですね!

らんちゅうを飼ってない@まつやまですが、
来年も媛らん会さんに注目し続け、
周辺をウロウロさせてもらいますのでヨロシクです。

 

そしてこれを読んでる愛媛県内の金魚好きの方、
私みたいな中途半端な金魚好きでも 受け入れてくれる媛らん会。
心かららんちゅうを楽しもうって感じが ビンビン伝わってきます! 
そして当然ながら素晴らしい魚と 出会うことができます(∩´∀`)∩
興味を持たれたら、気軽にご連絡を! 
入会希望のご連絡はこちら。

二歳会、品評会は見学大歓迎ですし、
らんちゅう初心者の入会もウェルカムだそうですよ!